複業・副業コラム

【2022年最新版】優秀なマーケターを採用する手法、見直すべき4つのポイントとは?

2021.12.15
急増するマーケターに対し、圧倒的に人材不足で、優秀なマーケターを採用するのに苦戦しているマーケティング部、人事部も多いことでしょう。今回はそのような状況の中でどのように採用していけば良いか解説していきます。
優秀なマーケターを採用するために見直す4つのポイント
1. 採用広報の見直し

日頃から自社の採用コンテンツを発信していくのは重要で、NoteやWantedly、またTiktokで採用面接を獲得する企業も増えてきています。発信するコンテンツを見直す必要があります。自社が今採用のためにどのようなコンテンツを発信しているのか一度見直してみましょう。


2. ダイレクトリクルーティングの取り入れ

この手法の大きなメリットは低コストで実行できるところです。LinkedinやTwitter等で採用責任者や代表から直接、SNSで情報発信している方へアプローチをおこないましょう。また、複数のエージェントを利用するのも手です。前述にもありますが、とにかく求職者の流入チャネルを増やすことが重要です。

3. 業務委託の比率を増やす

優秀で経験豊富なマーケターの採用だと、莫大なコストが採用コストにかかります。業務委託であれば、経験豊富なマーケターが比較的低いハードルで採用することができるので一度見直してみるのは1つの手です。

4. リファラル採用は取り入れられているか?

リファラル採用とは、自社の社員の友人や知り合いを紹介してもらい、自社にあった人材を採用する手法です。採用担当者としては、応募者への信頼度も高く、従業員から志望度や応募者の特性を事前にヒアリングできるため、離職のリスクを軽減させることもできます。求職者にとっても、実際に働いている知人から生の声を聞ける安心感があり、入社後に理想と現実のギャップが生じることも少ないです。双方に高いメリットがあり、低コストで取り入れられるのでぜひ検討していただきたい採用方法です。





 
優秀なマーケターを採用するためにおすすめなサービス

1. ビズリーチ

ビズリーチはダイレクトリクルーティングとして利用できるます。競合他社が多いため、スカウトで返信をもらうには工夫が必要になります。しかし、転職意欲の高いマーケターに自社の魅力を直接アプローチできるため、採用にかける時間を大幅に削減できるメリットがあります。

2. 
Wantedly

Wantedlyもダイレクトリクルーティング用媒体としても活用可能です。成果報酬ではなく、毎月定額の料金モデルを採用しておりコストを押さえながら採用を行えます。また、ストーリーの機能を利用すれば、求人では伝えきれない自社の魅力を気軽に発信しできるので知名度の低い企業でも優秀な人材へのアプローチができます。

3. WAUW


デジタルマーケティングに必要とされる、SEO、ディスプレイ広告、マーケティングオートメーション、モバイルアプリ広告、グロースハックなどそれぞれの分野のスペシャリストを多くネットワークしています。

経営陣が現役のデジタルマーケターかつ15年以上経験があるため、ワーカーとの面談時にしっかりとスキルチェックを行います。リモートワークを前提としているため、どういうふうにプロジェクトを進行するか、アウトプットをどういう風に提供するかなど、複業での働き方をしっかりとサポートしています。

企業側で社員採用を行うと、最低3ヶ月の期間が必要となりますが、多くのプロジェクトはそれほど期間の猶予がありません。WAUWは案件の打ち合わせから、最短5営業日程度で稼働開始が可能です。

WAUWのサービスを見てみる

まとめ
今回はマーケターを採用する際に見直すポイントと、おすすめのサービスをご紹介しました。貴社の採用活動の参考になれば幸いです。