複業・副業コラム

デジタルマーケティングの副業を始めるには?【単価や案件の獲得手法について徹底解説】

2021.09.21
 
副業に関心を寄せるマーケターは年々増加傾向にあります。国が副業を推進し追い風になっていることもありますが、副業を行うことで自分のマーケティングスキルの幅を広げることもできますし、稼ぎにもなるということで人気を博しているようです。

今回はデジタルマーケティングの副業に関して、案件単価等の紹介、実際の案件の獲得手法に関して解説していきます。
 
デジタルマーケターとは?
デジタルマーケティングと似た分野に、Webマーケティングがあります。
デジタルマーケティングと似た分野に、Webマーケティングがあります。
Web マーケティングとは

まず近年よく耳にするWebマーケティングとは、Webサイト内に限定したマーケティングのことを指します。Webマーケティングに必要なのは、Webサイトのコンテンツを充実させて顧客を流入させ、いかに購買やサービス利用へのアクションにつなげていくのかを考え、動線を設計することです。検索エンジンで上位に来るためのSEOや、潜在顧客に見つけてもらうためのコンテンツマーケティング、インターネット広告による認知度アップなどを行います。常に効果測定をし、データを元に新しい施策を行うことで、Webサイトへの流入増加や売上アップを目指します。デジタルマーケティングにおいて、WEBサイトに限定された狭義的な意味合いを持ちます。

デジタルマーケティングはWebマーケティングよりも広い概念

これに対してデジタルマーケティングは、多様化しているさまざまなチャネルを包括的に取り込みます。自社Webサイトだけでなく、SNSや口コミサイトといったユーザ側からの発信データも重要ですし、DM(ダイレクトメール)などのEメールマーケティングや、デジタルのポイントカードやクーポンの配布、それらの利用によるフィードバックを分析する必要もあります。ネットと実店舗を連携させ販売データや顧客のデータも分析し、実際の商品販売の広報や陳列に活用していくことも含まれます。
 
デジタルマーケターが副業する際のスキルセット目安
 デジタルマーケティングの副業に必要な実務経験は3年以上が目安になっている事が多いです。理由としては、この副業は経営の中枢に携わる仕事が多い為、高単価である代わりにある程度の実務経験とスキルが求められます。ただし、実務経験が3年未満でも、(~のような案件を~ヶ月でCPOを~%削減した等の)実績さえあれば参画可能な案件もあります。

フルリモート案件をみてみる
デジタルマーケティングの副業案件の事例
デジタルマーケティングで副業紹介サービス「WAUW」では以下のような副業案件があります。
デジタルマーケティングで副業紹介サービス「WAUW」では以下のような副業案件があります。
事例A
【週1~2日程度/業務委託&フリーランス】
リスティング、SNS広告運用と運用組織の業務フロー構築サポート/フルリモート

【プロジェクト概要】
映像に強い弊社だからこそできる広告運用があります。 KPI達成のための企画から配信まで一貫してサポートし、クリエイターは広告運用にも参加します。 質の高い動画の大量制作による高速PDCAを行うことで、短期間で広告効果を最大化させます。直近退職者が出る予定のため、欠員補充に加え、これを期によりアカウントマネジメントの拡大と効率化のため、広告運用をできるマーケターを探しております。

【お願いしたいこと】
リスティング広告、Facebook, Twitter, LINEなどのSNS広告の運用業務全般とクライアントへの報告業務に加えて、運用組織の業務フロー構築のサポートをお願いいたします。他の広告運用メンバーとチームを組み、クライアントの事業拡大に向けて戦略~運用~改善提案までを行い並走します。
・広告主へのレポート
・Google、Yahooリスティング、Facebook, Twitter,LINEなどのSNS広告の運用実施、戦略立案
・CVR改善提案
・クリエイティブ制作オーダー
・分析業務など
※クライアントとのレポートMTGで1-2時間、1回/月
   チームメンバーとの定例MTG 1時間/週
   その他適宜メッセンジャーツールでのコミュニケーションが発生します。

【こんな人を探しています】
<必須スキル>
・Web系広告代理店での運用コンサルタント経験or広告主側でのマーケティング経験
・SEM経験(3年以上)
・SNS広告経験(3年以上)
・広告運用経験(3年以上)
・データ分析による改善提案
・社会人経験3年以上
<歓迎スキル>
・エクセル関数スキル
・Adネットワーク、DSPなどディスプレイ広告運用経験

上記のような実務経験3年以上求められる場合が多いです。
デジタルマーケティングの副業案件の稼働時間目安
デジタルマーケティングの副業案件は週1日から週5日まで幅広くあり、副業に初めて挑戦する方はあらかじめ業務対応範囲、関わり方を決めておく必要があるかと思われます。また、平日はどうしても使えず、休日のみ時間が使用できる方に対しても、案件はございます。

フルリモート案件をみてみる
デジタルマーケティングの副業案件の探し方
 
  • クラウドソーシングサービスを利用する
  • フリーランス・副業向けのエージェントを利用する
短期で副業を始めるには上記の2通りあります。 順に解説していきます。

クラウドソーシングサービスを利用する場合

下記のサービスがあげられます。
Crowd Works(クラウドワークス)
Lancers(ランサーズ)
ANYTIMES(エニタイムズ)
Coconara(ココナラ)
SKIMA(スキマ)

 

クラウドソーシングサービスを利用するメリット

営業しなくてもいい
時々クライアントもいないし、なんのコネもないのにとりあえずフリーランスを始めた…という方に出会います。そういった人はどうやって仕事を得ているのか?というと多くの場合クラウドソーシングを活用して収入を得ているようです。クラウドソーシングなら地方にいながら都内の仕事を受けることもでき、英語力があれば海外の仕事に挑戦することだって可能です。

仕事を選べる
フリーランサーとして働くことの短所としてあげられるのが、すべての作業を一人でこなさなければならないことです。自分の不得意な作業にぶつかることもしばしば。しかし、クラウドソーシングなら得意な仕事のみを選んで受注することができるので、自分の強みを最大限に活かして報酬を得ることができます。たとえクラウドソーシングをすることで収入が増えないとしても、自分の好きなことだけをしていられるのであれば、報酬には変えられない仕事のやりがいを感じられるのではないでしょうか?

 

クラウドサービスを利用するデメリット

一般的に手数料がかかる
サービスを利用する際、実際の受注費用に対して、サービスの利用料が引かれ、20%程度の手数料が差し引かれる場合が多いです。例:受注額50,000円の場合、手数料手取り40,000円

コミュニケーション不足になりがち
実際に会って打ち合わせをしないことが、逆にデメリットになってしまう場合もあります。わかりにくい点は何度も説明してもらったり、文章で伝えづらい点はSkypeなどを活用して、誤解のないように作業をすすめないと、短時間でできるはずの作業に無駄に時間がかかってしまうかもしれません。

相場は安い
後に紹介しますが、発注する側がクラウドソーシングを利用するメリットのひとつは、直接企業やフリーランサーを指名して仕事を任せるよりも安価に発注できる点があげられます。そのためひとつひとつのお仕事の報酬は高いとは言えず、数をこなす必要があるでしょう。

どんなクライアントなのかわからない
実際に会って話すことはないので、本当に信頼出来るクライアントなのかを見抜くのが難しいことも。中には契約にはなかった作業まで押し付けたり、プロジェクトの進行中に音信不通になったり、報酬を踏み倒そうとするブラック発注者に出くわすかも…?(すべて経験談)発注内容やルールを確認し、クライアントが過去に発注した依頼内容を事前にチェックしておきましょう。時にはクラウドソーシングサイトに仲介してもらってトラブルを回避する必要があります。
 

フリーランス・副業向けのエージェントを利用する場合

こちらが安定して高単価の収入を得るのに一番おすすめな手法になります。

自分にあった求人を見つけるコツとしては、以下の3つです。
  • 複数の副業求人サイトに登録して、自分にマッチした案件を獲得すること
  • 同じ職種・仕事内容でも、報酬が違うことがあるので、複数の副業求人サイトから案件を確認すること
  • 常に情報がアップデートされ、新しい案件を確認できるようにしておくこと
     
  • Workship【Webマーケターの副業求人が多いエージェントです。週1~2日案件も豊富】
  • ITプロパートナーズ【週2日から案件紹介してもらえます。】
  • WAUW【デジタルマーケティングの副業求人が多いエージェントです。※フルリモート案件のみ、週1~2日案件も豊富】
複数のエージェントに登録しておけば、1つのエージェントで見つからなかったような案件が見つかったり、単価のより高い案件を見つけやすいなどのメリットがあります。また、良質な案件は、すぐに埋まってしまうことが多いので、複数の求人サイトの通知をONにして、常に最新の情報にアップデートしておくことが重要です。
今回は、デジタルマーケティングの副業について解説していきました。

本業では手に入らないような経験ができ、転職を有利に進めることが可能でありかつ、将来的な独立を考えられている方はその下準備にもなります。まずは案件をみて副業の案件探しの第一歩を踏み出してみませんか?

フルリモート案件をみてみる