複業・副業コラム

【2022年最新版】Facebook広告を外注する前にこれだけこれだけは確認しておきたい3つのこと

2022.01.26
こんなお悩みはありませんか?

✔︎成果が悪化しているが、新しい提案がない
✔︎新たな広告施策が見つからない
✔︎代理店を探す時間がない
→このような悩みを抱えている上でFacebook広告の外注を行いたい!

このようなお悩みを持つ方必見の内容になっております!
Facebook広告とは?外注する前に知っておきたい概要

まず、Facebook広告の特徴として、下記の4つが挙げられます。

1. 実名制による高いターゲティング精度
2. 人ベースの正確なトラッキング
3. 認知から購買まで、あらゆる目的に対応できる
4. 魅力的な広告フォーマット

上記を通して、非常に優秀な媒体であり、 Facebookを中心として売上拡大を図っている企業もたくさんあります。

また、Facebook広告を利用することでFacebookをはじめ、Instagram(インスタグラム)やMessenger(メッセンジャー)、Audience Network(オーディエンスネットワーク)といった、大きく4つの掲載先への広告配信ができます。

圧倒的なユーザー数を誇るFacebookは、FacebookやInstagramのプロフィールなどからショップへアクセスし、アプリを閉じることなく商品の閲覧や購入が可能になりかつ、「Instagram Shop」や、リアルタイムで商品を購入できる「Live Shopping」機能もリリースされています。

EC機能拡大も加速させているFacebookの活用は、ビジネスにとって、また、ユーザーにとってもますます広がっていくことでしょう。

そんなFacebookは、広告媒体としての価値も一層高まっていくと考えられます。

また、日本国内のInstagramユーザー3300万人(2019年6月発表)に対してもFacebook広告からInstagram広告を配信できます。

Facebook広告で重要になる項目
これは全媒体共通で言えることですが、Facebook広告では特にクリエイティブが命の広告になります。高いターゲティング精度を誇るFacebookで他社と差別化するには、クリエイティブ(広告画像とLP)で差別化していく事が非常に重要になってきます。
よって、クリエイティブの作成とLPO(ランディングページの改善)に強いパートナーを選ぶべきです。
Facebook広告の外注で失敗しないために注意すべき5つのポイント

1. Facebookの認定ビジネスパートナーか(Facebook広告運用の実績が豊富かどうか)

→実績はこちらと永正資料の確認で判断すれば問題ないと思われます。

2. 運用手数料が問題ないか(契約体系の確認)

平均的な手数料は広告費の20%です。初期費用や、対応範囲を外注前の商談で確認しておきましょう。

3. 強みが自社に合っているのか

1.で述べた実績が、自社のものとマッチしているかどうかも確認必須です。

4. クリエイティブやLP制作(改善)が可能か

先ほどものべた通り、Favcebook広告においてクリエイティブは非常に重要です。これだけで会社の売上を左右すると言っても過言ではありません。クリエイティブやLP制作、改善にに関して対応可能か外注前に確認しておきましょう。

5. コミュニケーションの手段と頻度

Facebook広告の機械学習は予算にもよりますが一般的に日予算10万であれば、4日ほどと言われています。運用金額が多ければ多いほど機械学習のスピードは早まるのでよりレスが早い代理店が一番です。コミュニケーションの手段は事前の商談で確認しておきましょう。
 
まとめ
今回はFacebook広告の外注前に注意するべき点をまとめました。
今後の広告施策にお役立ちできれば幸いです。
 

もし、緊急で広告運用担当者をお探しでしたら、WAUWで担当者を探してみるのがおすすめです。

企業側で社員採用を行うと、最低3ヶ月の期間が必要となりますが、多くのプロジェクトはそれほど期間の猶予がありません。WAUWは案件の打ち合わせから、最短5営業日程度で稼働開始が可能です。

WAUWで広告運用担当者を探してみる