複業・副業コラム

マーケティングを外注、依頼する上で把握しておきたいこと

2022.01.19

こんなお悩みはありませんか?

  • 求めるレベルの求職者が現れない
  • 知識・経験が少なくマーケティングの相談ができない
  • レポートより実行・実務に強い、助っ人が欲しい
  • 自社でマーケティングに取り組んではいるが、なかなか成果が出ない…。


そんな時、マーケティグ会社に依頼することで、マーケティングの改善につながる可能性があります。今回はマーケティング会社に依頼するときの注意点、発生することをご紹介していきます!

 

マーケティングをコンサルに依頼する場合

費用相場は下記の通りです。

単発的にアドバイスをもらう:1回5~10万円
数値解析や分析のサポート:月額10~50万円
記事の制作サポート:月額10~30万円
メディア運営のサポート:月額30~50万円
戦略立案や事業プランニングのサポート:月額50~100万円

上記は他のメディアでも紹介されていますが、弊社でもその認識です。

実務を伴わない、コンサルの場合でもこの金額感になり、別途で手を動かす人材が必要になってきます。

この場合、コンサルの方と、若手のマーケターの正社員を配置し、人材育成も同時に行なっていくのが最適な配置でしょう。

マーケティング会社に依頼する場合

まず、自社内にWebマーケティング施策ができるスタッフがいない場合は、外注する手段がもっとも早いです。

仮にWebマーケティングに詳しい社内スタッフがいる場合でも、外注化することでさまざまなメリットが生まれます。

 ■社内業務を削減し、時間を確保できる(他の業務にあたれる。)
 ■自社とは違う視点や見解を持った他企業目線を得られる
 ■Webマーケティングのプロによるクオリティの高い仕事を担保できる。

上記のようなメリットが得られます。

ただ、
 ■継続的にコストがかかる
 ■外注だからといって丸投げは厳禁
といったデメリットが挙げられ、継続的に高額なコストがかかる点と、丸投げしてしまうと、ノウハウが蓄積せず、商材に対して外注先よりも知見があるはずの依頼主が協力をしないと、望むような成果は表れにくくなってしまいます。
まとめ
ここまでご覧いただきまして有り難うございました!

マーケティングを外注する上で把握しておきたいことを、Webマーケティングをコンサルに依頼する場合とマーケティング会社に依頼する場合に分けて解説してきました。

マーケティングの支援が必要な場合、業務委託を探してみるのも1つの手です。

企業側で社員採用を行うと、最低3ヶ月の期間が必要となりますが、多くのプロジェクトはそれほど期間の猶予がありません。WAUWは案件の打ち合わせから、最短5営業日程度で稼働開始が可能です。

WAUWでマーケターを探してみる