複業・副業コラム

SNS運用副業の業務内容と案件事例

2021.12.01

SNS運用代行とは企業や個人のSNSを代わりに運用することを言います。

最近は企業もSNSの拡散力・集客力の強さに魅力を感じていて取り組みたいものの、

●社内にSNSを運用できる人材がいないので成果も出ない

●SNS運用に時間が割かれて他の業務が疎かになっている

●SNSでの炎上を防ぐ方法が分からない

上記のような課題を持っている企業じゃ多く、そのアカウントを運用していく仕事です。

SNS運用の副業、メイン業務
SNS運用の主な業務は、下記の通りです。
  • 自社内各部署との打ち合わせ(細部調整)・コミュニケーション

  • 他社(取引先)SNS運用のコンサルティング・改善提案

  • SNSの設定および投稿する内容の検討

  • SNSに投稿するコンテンツの作成または制作

  • SNSを通じた消費者や利用者とのコミュニケーション

  • アナリティクスデータの統計分析及びそれを踏まえた運用改善

自社もしくは他社(取引先)が求めるレベルによって業務内容は変わってきます。ここでいうコンテンツはテキスト文章だけではなくイラスト、写真、動画も含みます。  

SNS運用代行の単価相場
 

SNS・ソーシャルメディア運用に関するフリーランス案件の月額報酬は、週5日稼働で40~50万円程度が相場です。

SEOやWeb制作などの案件と比べるとSNS運用案件は単価が低い傾向にありますが、これは投稿代行などのオペレーター的な業務が多いためです。

一方で、SNS運用に関するコンサルティングや広告運用のアドバイザリーなど高度な知識が必要となる仕事は単価も高い傾向にあります。

SNSマーケティングの年収は300万円から800万円程度まで幅があります。

収入の目安として、未経験で就職した際は、年収300万円からスタートです。

経験者で年収400~600万円、マネージャーなどの管理職で年収500~800万円が相場でしょう。

SNS運用代行の案件事例
(※企業SNSアカウントの運用代行歴3年以上が目安となります。)

SNSコンサルタント(業務委託)
クライアント:大手ゲーム会社
働き方:週3日~基本リモート
仕事内容:インフルエンサーを活用したSNSマーケ
報酬:月額40万円

SNS運用代行(業務委託)
クライアント: アパレル系ECサイト
働き方:週2日~基本リモート
仕事内容:自社SNSアカウントの運用代行
報酬:月額20万円~

SNSアカウント責任者(業務委託)
クライアント:大手食品メーカー企業
働き方:週5日~基本リモート

仕事内容:各ブランドのSNSアカウンの戦略立案とマネジメント
報酬:月額50万円~


 
SNS運用代行の案件獲得、副業の探し方

■エージェントの紹介

 

フリーランスや副業などの業務委託案件を多く保有するエージェントに登録すると、スキルや経歴にあったSNSマーケティングの求人について紹介を受けることができます。

 

■クラウドソーシングサイトで探してみる

ランサーズなどのクラウドソーシングサイトに登録すると、企業からの依頼に提案することができます。依頼を受けるためにはプロフィールを充実し、実績などをまとめたポートフォリオを用意するとよいでしょう。

 

■WAUWで案件を探してみる。

WAUWはデジタルマーケティングの副業求人が多いエージェントです。基本、フルリモート案件のみで週1~2日案件も豊富です。フルリモートで、場所を選ばずに働きたい複数の収入のポートフォリオを構成したいデジタル人材を複業・副業として雇いたい企業と、リモートワークで働きたいデジタル人材の求職者をつなぐ、サービスになります。高単価の案件も豊富です。

まとめ

今回は、SNS運用の副業について解説していきました。近年、SNS運用代行の需要は高まってきています。今後も伸び続けていく副業案件になるでしょう。

副業にチャレンジするには、目安としては3年以上の実務経験があれば、十分挑戦できると思うので、日々の仕事に一生懸命向き合いつつ是非案件獲得を目指して行ってみてください。年間で100万円ほど稼げるようになると、生活水準は大きく変えられるはずです。せっかく磨いたスキルならば、上手に活用していきましょう。WAUWでは自由な働き方(フルリモート)を推奨する副業の案件をご紹介しています。本業では手に入らないような経験ができ、転職を有利に進めることが可能でありかつ、将来的な独立を考えられている方はその下準備にもなります。まずは案件をみて副業の案件探しの第一歩を踏み出してみませんか?

フルリモート案件をみてみる