複業・副業コラム

web広告運用の副業~必須マーケティングスキルと案件の獲得方法を徹底解説~

2021.11.04
Webマーケティングは近年需要が高まっており、Webマーケティング関連の副業は種類が多く、副業として案件を獲得することも可能です。そこでこの記事ではWeb広告運用の副業案件を獲得する方法から、単価相場や必要スキルをご紹介します。
WEB広告運用の副業で案件を獲得するために必要なスキル

Web広告運用の副業には、以下のようなスキルが必要です。

  • 各広告媒体に関する知識

  • マーケティング力

  • 継続力、分析力

  • クリエイティブの制作

一番大事なのは広告運用の実践スキルです。実際に管理画面を触りながら、広告をセットし運用、改善する一連の流れを理解していることが必要です。また広告運用周りの基礎的なマーケティング周りの知識も必要です。

直接的には関係はないものの、SEOのことも一定理解していると、いろんな案件を任せてもらうきっかけになり、単価も上がりやすいです。加えて、担当するクライアントの業界・商材理解は、ないよりあった方が、クライアント側からしても発注しやすく、事実、業界の特徴・商材理解・その業界のサービスや商品を購入・利用するターゲットユーザーの悩み(ペイン)を把握していると、広告運用で効果を上げやすいからです。このように、広告運用の副業で必要なスキルは複数ありますが、基本的には広告運用の管理画面に触れ、運用までを実践できるスキルが最も求められています。

Web広告運用において、どの媒体に広告を掲載するかは重要です。Yahoo!やGoogleといった検索エンジンや各種SNS、Webサイトなど媒体は多岐にわたり、それぞれに適した広告を配信しなければなりません。そのため、広告掲載媒体に関する知識が必要です。ターゲットユーザーの設定など、広告による戦略を検討するためにマーケティング力も求められます。Web広告は一度掲載したら終わりではなく、定期的に効果を測定し、必要に応じて広告の改善を行います。

そのため、継続力や分析力も重要です。バナーやキャッチコピー、動画など、広告そのものの作成を依頼されるケースもあるので、クリエイティブの制作スキルがあると、受注できる案件の幅が広がります。これらすべてのスキルが求められる案件ばかりではありませんが、なるべく幅広いスキルを持っておくと案件獲得や報酬アップにつながります。

広告運用副業の種類、案件は?

広告運用の副業案件の種類は主に2種類あります。

1. クライアントの広告運用案件

2. 自身で広告運用を行い、商品・サービスを販売(アフィリエイトなど)

最もメジャーなのは、クライアントの広告運用案件に参画したり、運用を代行する方法です。

 どんな会社で副業できるかというと、例えば以下2つの会社は、広告運用担当者に副業で発注するニーズがあります。

 自社で商品・サービスを持っており、自社で運用業務を行っている「事業会社」

自社で商品・サービスを持っていないが、事業会社の運用業務を代行している「広告代理店」 

「事業会社」や「広告代理店」ですね。これらの案件に参画したり、運用の一部を受注して巻き取ることで、広告運用スキルを使い、副業することができます。そもそも広告代理店のビジネスモデルは、広告運用業務を代行する場合、広告運用予算の20%程度を運用代行手数料でもらうことが一般的です。つまり、月間予算が100万円であれば、16~17万円程度が運用手数料になるので、その一部を手数料でもらえれば、それだけでも良い収入になります。これが最もメジャーな広告運用の副業です。

もう一つは、自身で広告運用を行い、商品・サービスを販売する方法です。中でも、実績のない個人で始めやすいのは「広告運用のアフィリエイト」です。アフィリエイトとは「成果報酬型の広告」です。ASPと呼ばれる会社に登録することで、様々な業界の広告を扱うことができます。ASPで広告リンクを取得して自身のサイトに設置し、広告経由で商品やサービスが売れた時、1件あたり数百円~数万円程度の成果報酬手数料をもらえる、そういった仕組みです。

アフィリエイトと言うと、ブログなどを作り、検索エンジンで上位を目指す「SEO」という手法が最もメジャーですが、中にはSEOではなく、リスティングやSNS広告経由で集客を行い、アフィリエイトをする人もいます。

これはトップクラスの方ですが、月100~500万円くらいの売上であれば、個人で出している人もそこそこいる世界です。広告運用アフィリエイトであれば、これまで運用経験がなくとも、ASPに登録し、販売用のページをWEB上で作ればすぐスタートできます。

つまり、自分のやる気と広告運用予算さえあればできるので、個人で始めやすい副業です。もちろん、広告運用はお金がかかる分、使えるお金が一切ないと厳しいことが事実です。ですので、もしお金に余裕がない場合は、この方法は不向きですね。その場合、前者の「クライアントの広告運用案件に参画する方法」が最も良い副業方法ですね。こちらであればお金のリスクはありません。

Web広告運用の副業案件探しに活用できるサービス
  • ITプロパートナーズ【週2日から案件紹介してもらえます。】

ITプロパートナーズは、ITエンジニア向けのフリーランスエージェントです。フルリモートや週2日からの案件が多いのが特徴です。副業というよりも、経験者がフリーランスの案件を探す際に非常におすすめになります。クライアントとの直接契約になるので高単価な案件が多く、十分な収入が得られるでしょう。

  • クラウドワークス【週2日から案件紹介してもらえます。】

クラウドワークスは、業界最大級のクラウドソーシングサイトです。多くのクライアントとユーザーが登録していて、たくさんの案件の中から自分に合った案件を探せます。クラウドワークスでは、初心者でもチャレンジできる案件が募集されています。ただし、単価が比較的低めに設定されているため、経験を積む目的で応募するとよいでしょう。

WAUWはデジタルマーケティングの副業求人が多いエージェントです。基本、フルリモート案件のみで週1~2日案件も豊富です。フルリモートで、場所を選ばずに働きたい複数の収入のポートフォリオを構成したいデジタル人材を複業・副業として雇いたい企業と、リモートワークで働きたいデジタル人材の求職者をつなぐ、サービスです。WAUWは両者をマッチングさせる事で、新しい働き方やビジネス機会を生み出し、三方良しの仕組みを提供します。高単価の案件も豊富です。

フルリモート案件をみてみる

今回は、広告運用の副業について解説していきました。

副業にチャレンジするには、目安としては3年以上の実務経験があれば、十分挑戦できると思うので、日々の仕事に一生懸命向き合いつつ是非案件獲得を目指して行ってみてください。年間で100万円ほど稼げるようになると、生活水準は大きく変えられるはずです。せっかく磨いたスキルならば、上手に活用していきましょう。WAUWでは自由な働き方(フルリモート)を推奨する副業の案件をご紹介しています。本業では手に入らないような経験ができ、転職を有利に進めることが可能でありかつ、将来的な独立を考えられている方はその下準備にもなります。まずは案件をみて副業の案件探しの第一歩を踏み出してみませんか?